FC2ブログ

りさのリアルタイムニュース > ダイエット > 一度は減量について考えたことがあるでしょう

りさのリアルタイムニュース

一度は減量について考えたことがあるでしょう

ほとんどの女性が、一度は減量について考えたことがあるでしょう。これまでにも、単品減量や、断食減量、或いは炭水化物や油を摂らない減量など、ありとあらゆる減量が流行りました。もしかしたら、あなたもそんな流行の減量のどれかにチャレンジして、そして挫折したひとりではないでしょうか。 では、どうして続けることに挫折してしまうのでしょうか。それは、極端な食事制限によって、心と体に無理がかかるからだと思います。必要な栄養素が不足したり、摂取量が少なすぎたりすると、集中力や活力がなくなり、ときには貧血を起こすなど、健康を害する恐れがあります。 おいしくバランス良い食事は、健康的に痩せるためには不可欠です。なぜなら、おいしく食事が出来ることこそが健康の証だからです。この基本に戻って減量を考えたとき、健康を害するような方法で一時的に痩せたとしても、その減量は正しいとは言えないのです。


しかし、きちんと食べるとは言っても、その食べ方には注意が必要です。まず、一日三食摂ることが基本です。朝食を抜くという人が多いのですが、その分夕食をたくさん食べていれば、かえって太りやすくなってしまいます。なぜなら、朝や昼の食事で摂ったカロリーは、日中のうちに消費されますが、夜に摂取したカロリーは、その多くが使われずに身についてしまうからです。 また、夕食では主食を控えめにしなければいけません。ご飯が進みすぎてしまう人は、おかずの味付けを薄めにしましょう。塩分は控え、だしをしっかり取って旨みを強調したり、辛味で刺激を加えするなど工夫してなるべく手作りを心がけましょう。 それに、満足感を得られないと食事制限は長続きしませんので、満足感を感じる食事を作りましょう。量が足りない時は低カロリーな食材を使って量をふやして満腹感を得るのも一つの方法です。 減量中でも、肉や魚はきちんと食べましょう。なぜなら、肉や魚は体にとって大切な栄養素であるタンパク源になるからです。特に魚は低カロリーで栄養豊富な優秀食材です。カロリーの低さで選ぶなら白身魚ですが、お薦めはDHAやEPAが豊富に含まれている青背の魚です。また、肉の油分やカロリーが気になる場合は、脂肪の少ない赤身を選び、いったん茹でこぼして油分を減らすようにすればいいですね。そして、骨の形成に必要なカルシウムが豊富な卵や乳製品も毎日摂りましょう。

何といっても食事は満足感が大切です。減量中だからと言って、急に食事量を減らしたりせず、野菜や低カロリー食品をたっぷり使ってボリュームを出したり、いつもの食材でスープやデザートを作るなどして、変化に富んだ料理で、心もお腹も満足できることが長続きするコツです。おつき合いで断れない飲み会などがあると悩んでしまいますが、次の日に食事を控えたり、いつもよりちょっと運動量を増やすなどの工夫をすれば、飲み会だってこれまでどおり楽しめますね。 「毎日決まった時間に体重を計る」たったこれだけでも、ちゃんと減量効果があります。食べ過ぎた翌日などに、増加した体重を目で見て意識することで、自然に食べ方をコントロールするようになるからです。そして、もうひとつ大事なのが、周りの人に減量宣言をするということです。自分ひとりでこっそり減量していると、ついつい自分を甘やかしてしまいがちですが、周りの人に知られていると思うと、気持ちも引き締まります。スポーツをする時間や機会がない人でも、通勤・通学の電車の中では座らない、駅ではエスカレーターではなく階段を昇降するなど、日常のほんの少しの心がけで、運動量を増やすことが可能です。 急激な減量は「リバウンド」という厄介な結果をもたらしかねません。しかも、お肌がカサカサに荒れたり、女性の大切な生理まで止まってしまうこともあります。このように体調を崩したり、ストレスがたまるような減量では、何の意味もありませんね。栄養バランスの良い食生活と、筋肉や骨は減らさず脂肪だけを減らす正しい運動で、美しく健康的に痩せることをめざしましょう。
コントレックス 賞味期限
コントレックス 原産国
CONTREX
楽天 contrex
contrex 激安
contrex 通販
スポンサーサイト



<<極秘の簡単ダイエット文書りさのリアルタイムニュースインターネットでのショッピング>>

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブログ内検索